即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

近鉄の野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

今は無き球団の近鉄バッファローズ大阪の藤井寺市を拠点にしていた球団です。

関西といえばやはり阪神タイガースがメジャーですし、パシフィックリーグで優勝経験も少ない球団だったので人気もそんなにありませんでした。

そんなチームの野球ユニフォームを手がけてくれたのが芸術は爆発だの一言でも有名で大阪万博の太陽の塔のモチーフを作成されて有名な故岡本太郎さんです。

近鉄バッファローズの野球ユニフォームのロゴには、猛牛をモチーフにしたかわいいデザインです。

このロゴは一目見て何を意味するかわかるような感じですし、ファンの方々からも非情に愛されています。

白地に赤い血を連想するようなイメージのユニフォームですので闘志あふれるプレーをファンに見せてくれるようなデザインとなっています。

公に有名なデザイナーが作成したプロ野球チーム野球ユニフォームは近鉄バッファローズ以外ではなかったように思います。

近鉄バッファローズの歴史的名選手は永久欠番だった300勝投手の鈴木啓司投手だったでしょう。

晩年になるとユニフォームも白地に紺色を使った感じの物もありました。

このころは、いて前打線として各球団からも恐れられていました。

現在はオリックスさんがバッファローズの名前を引き継いでいます。

現在でも、大阪夏の陣と銘打って、お客様と一体となって昔のレプリカユニフォームを着用しています。

その時に初期の近鉄バッファローズの野球ユニフォームを見かけることがあり、懐かしさを感じています。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから