フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

ロッテの野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

日本において人気の高いスポーツといえば、サッカーや野球が挙げられます。

野球は、全国に12の球団があって、ファンを楽しませる試合を日々行っています。

野球のファンは、それぞれに好みのチームがあって、真剣な気持ちで応援しているものです。

また、野球ファンは、チームが勝ったり負けたりといった成績や、選手個人の打率などの成績を見ることも楽しみにしていますが、それ以外にもチームの野球ユニフォームのデザインなども楽しんでいます。

野球ユニフォームは、チームの個性を表す特徴的なもので、非常に重要な意味を持っているものです。

たとえば、プロ野球で長く活躍している球団の1つに、千葉ロッテマーリンズというチームがあります。

千葉ロッテマーリンズは、千葉県千葉市のQVCマリンフィールドを本拠地として活動しているチームで、パシフィックリーグに所属しています。

二軍については、埼玉県さいたま市のロッテ浦和球場が本拠地となっています。

千葉ロッテマーリンズの野球ユニフォームは、何度かの変遷を経て現在に至っています。

最初の頃は、白を基調としたものと、グレーを基調としたものとを使用していました。

次第に、濃紺の縦縞を入れたり、ブルーグレー地を取り入れたり、さまざまな変化がありました。

2010年からは、チームカラーの1つとされてきた赤が消えるなど、非常に大きな変化が起こりました。

選手が被る帽子については、従来の黒帽子で統一されています。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ