フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

野球ユニフォームの膝当てについて

2014/11/19

野球ユニフォームを何度か着用していると膝当て、補強パッドを入れなければいけない状況になります。

右の膝に膝当てを入れることはほとんど無いようですがそれでも、薄くなっている人は多いのです。

スライディングとは右ひざは右利きの人は関係ありません。

しかし膝を突いてプレーすることもあるでしょうし、何かと両足でスライディングすることもありますので、やはり左ひざに比べると野球ユニフォームの右ひざはそれほど膝当ては必要ありませんが、人によっては必要な場合もあります。

野球ユニフォームの左ひざ。

こちらは膝当てが必ずといっていいほど必要かもしれません。

スライディングをするときには軸足になりますので、穴が開いてしまいます。

そして補強パッドなどを入れなければいけません。

あらかじめ膝当てを入れておいてもいいのですが、プロの野球選手は裏に入れます。

しかし実用面で考えると表に入れたいものですね。

スライディングを二回から三回するだけですでにぼろぼろになり、野球ユニフォームに穴が開いてしまうこともよくある話です。

特に子供の場合は容赦なしにプレーしますから、ぼろぼろになりやすいのです。

しかし大人でもボロボロになることはもちろんありますから、あらかじめ入れておいたほうがいいかもしれません。

しかし補強パッドや膝当ても額は意外と高いので、何枚も入れるくらいなら新しいユニフォームを買ったほうがいい場合もありますから、その点をよく考えて購入しましょう。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ