即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

野球ユニフォームのネーム入れについて

2014/11/19

野球ユニフォームのネーム入れについては規程があります。

野球ユニフォームの背中に選手のネーム入れをする場合は全員が背番号の上に、ローマ字で姓のみを入れることが決まっています。

もし同姓の人がいた場合には名前の頭文字を入れてもいいですが、入れなくてもいいでしょう。

背番号がそれぞれに割り当てられているので、同姓であっても番号が違うので、区別は基本的にはつきます。

しかし野球ユニフォームのローマ字で同姓がいた場合は前川という苗字だった場合、MAEKAWA Aというように名前の頭文字も入れます。

前川明でAが後ろにつきます。

野球ユニフォームにネーム入れは行いますがそれ以外にも、背番号が入ります。

これは全日本軟式野球連盟の規程です。

先ほどのネーム入れについても全日本軟式野球連盟による規程です。

背番号は0番から30番で参加申込書に記載された選手は全員背番号はつける必要があります。

番号も規程があり、全日本軟式野球連盟では、監督は30番、主将は10番、少年部、学童部のコーチが29番28番と決まっています。

野球ユニフォームは左袖に日本字またはローマ字で都道府県名を入れることも決められていますし、胸のチーム名もローマ字、または日本字で表示し、マークは表示の代わりにつけられるが、統一させなければいけないこととなっています。

細かな規程がありますので守って出場しなければいけません。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから