即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

中日における野球ユニフォームの特徴

2014/11/19

中日ドラゴンズの野球ユニフォームは、伝統的に青色が用いられていました。

それは、中日ブルーとも呼ばれる印象的な青色なのです。

このように青色の野球ユニフォームを用いている理由は、ドラゴンズと言うその名前に由来します。

ドラゴンですから、竜です。

古来より、竜は風水で青竜とも言うように、青色が竜の色として用いられてきたのです。

竜神様は、その色は青色なのです。

また、古来より日本においては、竜神様は水神様であり、水の青から水神様は青色となったのです。

このように、中日ドラゴンズの野球ユニフォームの特徴としては、青色が伝統的に用いられてきたのです。

かつて日本シリーズにおいて優勝したときにも、この青色が用いられていましたし、ナゴヤドームのフェンスの色も青色になっています。

即ち、ドラゴンズのチームカラーは青色なのです。

竜神様の青色と言う、神聖な色を頂いているのです。

ところが近年においては、中日ドラゴンズの野球ユニフォームは、紺色を基調としたものに変わってしまいました。

このため、折角、竜神様の貴重で神聖な色を頂いていたのに、それを止めて紺色にしてしまったのです。

その結果、ペナンとレースでの成績も不調になってしまい、ライバル球団に後れを取ることとなってしまいました。

中日ドラゴンズの野球ユニフォームの特徴は、そのデザインや素材は時代と共に変化したとしても、色は中日ブルーを用いていることなのです。

現在の紺色はあくまでも一過性のものでしかありません。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから