即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

楽天の野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

日本にも、アメリカ合衆国のメジャーリーグのように、さまざまな野球チームがあって、試合を行っています。各野球チームには、熱烈なファンがついていて、必死の応援を続けています。ファンが見ているのは、そのチームの成績や、所属選手の個人成績ばかりではありません。チームが用意している野球ユニフォームに目を向ける人も大勢いるのです。野球チームは、魅力的な野球ユニフォームを揃えて、ファンの気持ちを惹きつけるようにしなければなりません。選手の意識を1つにまとめるためにも、野球ユニフォームが果たしている役割は大きいのです。

たとえば、楽天ゴールデンイーグルスという球団があります。楽天ゴールデンイーグルスは、2005年のシーズンからプロ野球に参入することになった球団で、プロ野球の中で最も新しいです。設立してから9年目で優勝を果たし、現在、最も波に乗っている球団であると言えます。楽天ゴールデンイーグルスは、宮城県仙台市の楽天koboスタジアムを本拠地として活動しています。

楽天ゴールデンイーグルスの野球ユニフォームも、設立から9年でありながら、変遷があります。基調となっているのは、チームカラーであるクリムゾン・レッドです。肩と脇腹に細ラインが2本、パンツに細ラインが1本というデザインでした。2009年には左袖にワッペンがつけられたり、2011年には右袖に大震災犠牲者追悼の意を込めた喪章を入れたり、何度か変化がありました。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから