フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

広島カープの野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

野球を愛する人が増えてきました。アメリカ合衆国のメジャーリーグ、日本のプロ野球、どちらにも熱烈なファンがいます。昔から、日本のプロ野球が好きな人は、それぞれ応援するチームを1つに絞って、熱心な応援を繰り広げてきたものです。ファンが注目しているのは、応援しているチームの成績や、所属する選手が残る個人成績ばかりではありません。成績が非常に重要であることは間違いないのですが、それ以外にも野球ユニフォームなどが重要な意味を持っているのです。野球ユニフォームは、チームの特徴を表すものであり、野球を観戦する際にも、意識しなければならないものです。所属選手にとっても、魅力的なデザインの野球ユニフォームを着用することで、戦う意欲が湧いてくるのです。

日本のプロ野球には、たとえば広島カープなどの球団があります。広島カープは、セントラルリーグに所属するチームで、広島県広島市にあるMAZDA Zooom-Zoomスタジアム広島を本拠地として活動を続けてきました。二軍は、山口県岩国市にある広島東洋カープ由宇練習場が本拠地となっています。

広島カープも、野球ユニフォームが変遷を重ねてきました。創設期から、特徴的な野球ユニフォームを持っていましたが、資金難などの関係ですぐ廃止された経緯があります。少しずつ変化を積み重ね、ストライプ柄が取り入れたりして、デザイン性が豊かになっていきました。2009年には、縦縞が消えて、紺色が復活するという変化がありました。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ