フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

オリックスの野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

アメリカ合衆国のメジャーリーグで、多くの野球チームが活躍しているように、日本のプロ野球でも多くの野球チームがあります。

2つのリーグに分かれて、観客を魅了する試合を行っています。

ファンは、応援するチームを決めて野球観戦を楽しんでいます。

もちろん、チームの成績や所属選手の個人成績も非常に重要なものですが、ファンにとっての楽しみは、それ以外にもあります。

チームの野球ユニフォームのデザインなどを楽しむことも大切なのです。

プロ野球のチームの1つに、オリックス・バファローズがあります。

パシフィック・リーグに所属しているチームで、大阪府大阪市の京セラドーム大阪を本拠地としています。

そして、二軍は兵庫県神戸市のあじさいスタジアム北神戸、神戸総合運動公園サブ球場で活動しています。

オリックス・バファローズの野球ユニフォームも、他のチームと同じように、何度か変化を遂げてきました。

最初は、白地に飾り文字を入れたものをホーム用として、紺色をビジター用としていました。

その後、チームカラーがオレンジに変わったり、紺地に白いペンシルストライプを入れたり、少しずつ野球ユニフォームが変化していきました。

1955年頃には、新しいタイプの野球ユニフォームが登場します。

オリックス・バファローズにとっての意識が変わった時期でもあります。

1962年頃は、大きな変化ではなく、ちょっとしたマイナーチェンジが度々行われるようになっていました。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ