フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

ユニフォームの補修どうしてますか?

2014/11/19

野球ユニフォームの補強はどうしていますか?きっと破れてくる場所は誰もが同じだと思います。

お尻の部分も意外と練習などで破れたりしますし、試合の際に飛んで破くこともあります。

補強をする必要があるほど敗れることはほとんどないかもしれませんがヒップも補強対象となってもおかしくはない場所です。

そしてユニフォームのパンツの右ひざも破れやすい場所です。

穴が開きかけている段階で補修をしなければそのままびりっと破れてしまいます。

スライディングをする際は地面には直接つくことはなくても、補修が必要になることもあります。

そして左ひざ。

左ひざはスライディングをした場合に軸足になってしまいますので、きっとぼろぼろです。

そして補修が必ず必要になってくると思います。

補修をする場合には、パッドをつけるといいでしょう。

パッドは千円程度で販売されています。

しかしパッドをつけるときちょっと注意したいことが、パッドを3枚取り付ければすでに3千円もパッドにお金をかけていることになります。

安いユニフォームなら三千円も出せば新しいものが買えてしまいますので、補修をするのか、それとも新しいものを選ぶのか、その点はよく考えたほうがいいでしょう。

大人の場合は、それほど派手に破ることはないと思いますが、子供の場合はユニフォームを破ってくると思います。

しかし補修をしてもサイズがすぐに小さくなってパッド代が無駄になることもありますからそうならないようによく考えて補修しましょう。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ