即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

野球ユニフォームの規定について

2014/11/19

野球ユニフォームをオリジナルでオーダーしたい場合、規定に沿った物を作らないと大会などで着用することできないため注意が必要です。

野球ユニフォームやスパイク等、選手が身に付ける物は全日本軟式野球連盟規定細則に定められています。

チームに登録している監督、コーチ、選手は同色同一の野球ユニフォームを着用しなければなりません。

裾幅の広いストレートタイプのパンツについては、平成26年度より着用が可能になりました。

野球ユニフォームの左袖には日本語またはローマ字の表記によって都道府県名を記さなければなりません。

背番号は0番から30番までと定められていますが、監督が30番、主将が10番、コーチは29番28番をつけるように定められていて、好きな番号をつければよいというわけではありません。

チーム名を胸に表記しますが、その際も日本語またはローマ字での表記となります。

その際、チーム名の代わりにマークを表示してもよいですがチーム全員で統一しなければなりません。

背中に名前を表記する場合は、チーム全員が統一して苗字を表記します。

ただし、チーム内に同じ苗字の選手が複数人いる場合は名前の頭文字のみ付け足すことができます。

ユニフォームの他、アンダーシャツや帽子も同様にチーム全員が統一した物を着用しなければなりません。

以上のように規定によって細かく定められている野球ユニフォームですが、それらの規定をクリアした上でオリジナルの物を作成することができます。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから