フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

野球ユニフォームのルールについて

2014/11/19

野球ユニフォームには細かなルールがあります。

野球ユニフォームは他のスポーツのユニフォームと比べるとかなり重装備です。

規程がありますので、それぞれのパーツ、アイテムを選ぶ際にルールを守らなければいけないのです。

チームで守らなければいけないルールもあれば、個人でアイテムを選ぶ際に守らなければいけない規程もありますので、とても細かいです。

ユニフォームは、同一チームで同色、同形、同意匠のユニフォームを着用して、その野球ユニフォームには背番号を18センチのサイズで取り付けなければいけません。

アンダーシャツの外から見える部分の色も全員同じ色でなければいけませんし、投手以外の選手は、アンダーシャツの袖に番号と文字、記章を取り付けることは可能です。

野球ユニフォームは野球ボールをかたどったり、グッズを連想させる模様をつけてはいけない、アンダーシャツやユニフォームが裂けたり切れたりしているものは着てはいけない、ガラス、ボタンなどの金属をつけてはいけないというルールもあります。

ユニフォームのいかなる部分にも宣伝や広告の類の布をつけてはいけない、背中に名前をつけるように規程することができるがローマ字で名前をつける場合チーム全員で取り付けることがルールです。

その他ソックスの色やベルトの色なども同一で統一させなければいけませんし、ホームゲーム用の白、ロードゲーム用の色物の生地を使って作った二組のユニフォームを用意しておくこともルールです。

実績6700チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ