フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
オリジナルデザイン持込可能・30,000円以上で送料無料!(一部商品を除く)

ライオンズの野球ユニフォームの歴史

2014/11/19

日本でも、多くの野球チームが活躍しています。

現在は、12の球団があって、2つのリーグで活動しているのです。

各チームに熱烈なファンがいて、日々の活動を熱心に応援しています。

野球のファンは、基本的には各チームの勝敗や、所属している選手の打率などの成績を楽しみに見ているものです。

しかし、成績のことばかりではなく、チームの野球ユニフォームを見ることを楽しみにしている人もいます。

野球ユニフォームには、チームの個性が表れていて、ファンの気持ちを掴む要素の1つなのです。

所属選手にとっても、全体の意識を統一する役割を果たす重要なものです。

日本のプロ野球で有名なチームの1つに、埼玉西武ライオンズがあります。

埼玉西武ライオンズは、パフィリック・リーグに所属しているチームで、埼玉県所沢市の西武ドームを本拠地としています。

二軍についても、本拠地は同じ埼玉県所沢市にあります。

西武第二球場を使用しています。

埼玉西武ライオンズには、魅力的な野球ユニフォームがあって、多くのファンを惹きつけていますが、野球ユニフォームは何度かの変化を繰り返してきました。

最初の頃は、紺地に黄色の縁取りで、『CLIPPERS』と入っていたのが特徴的です。

その後、1951年頃には濃紺で『LIONS』というロゴを入れたものが登場しました。

黄金期の象徴となったマークが初めて登場したのも、この頃でした。

現在では、レジェンド・ブルーをベースとした野球ユニフォームが使われています。

実績15,000チーム突破ご不明点は、専属担当者が直接ご回答します!
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから
フリーダイアル0120-28-8811/9:00~18:00(定休日/土日祝日)
お問い合わせフォーム24時間いつでもどうぞ!
ページ上部へ