即日作成!・デザイン持込可能!・10,000円以上で送料無料!

女子ソフトボールのユニフォームを作る際のポイント

2014/11/19

女子ソフトボールチームを作る上で必要になるのがユニフォームです。

ユニフォームは、チームを表す大事な要素であり、試合において明確に見分けがつくようにする目的もあります。

女子ソフトボールのユニフォームを作る際のポイントは、色・意匠・チームロゴを統一することです。

試合において規則になっているので、条件を破ると規則違反になり、試合に出場出来なくなってしまうことがあります。

多くのスポーツは定められたルールの上で試合が展開されていくので、服装によって反則とみなされないようにしたいものです。

女子ソフトボールのヘルメットやユニフォームには、チームロゴや背番号が描かれるのが一般的です。

字体を統一しておくことも大切であり、字体を統一しておくことで、チームの統一感を演出することが出来ます。

ソフトボール協会の規定通りに背番号を付けると、胸の下と背中に番号を入れることになっています。

番号の振り方は、監督が30番、コーチは31番か32番を割り当てることになっており、選手においては、主将が10番、他の選手は1番から99番までを割り当てることになっています。

ユニフォームの番号の数字の大きさも規則が定められており、背番号は15cm以上、胸の所に入れる番号は6cmから112cmのサイズにします。

女子ソフトボールのユニフォームは、味方の結束感を高める目的があると共に、対戦相手との明確な区別が出来る色や意匠にし、ホームやアウェーと試合をする状況に合わせて二種類のユニフォームを作るのが一般的です。

実績6700チーム突破!創業24年
0120-28-8811
お問い合わせはコチラから